オフィスホワイトニング

自宅でのホワイトニングには効果が個人差があります。歯の色素沈着が激しいい人や体質的に葉が黄色くなりやすい人はいて、どれだけ丁寧に歯磨きをしても自宅では黄ばみが取り除けないということもあるのです。

また、毎日何種類も歯磨きをしてフッ素を塗布してというのは工程も多く面倒なことです。
そこで自分でのケアがうまくできなかったり面倒だったりするときにはオフィスホワイトニングと言って歯科医にホワイトニングを依頼するのがオススメです。

ホワイトニングの内容にも幾つかあります。ホワイトニング剤を塗布してハロゲンライトを当てて色素を分解する方法であるティースホワイトニング、ハロゲンライトの代わりにホワイトニング効果のあるレーザーを当てるレーザーホワイトニング、さらに効果のあるレーザーを照射するスピードホワイトニング、再石灰化を促しながら徐々に白くするFAPホワイトニング、プラズマライトを照射して歯を白くするプライトスマイル、と様々です。

それぞれに通院回数も一度の費用も異なりますから自分おスケジュールや予算によって合うものを選んで施術をするのがオススメです。ただし、歯科医院によっては対応していない治療法もありますから、決めている治療法がある場合には事前に機械の有無を確認しておきましょう。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには大きく分けて2種類があります。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。そして、その施術方法にも様々なものがあるので、日頃の生活習慣や予算に応じて自分にあったものを選ぶのが重要です。

自宅で行うホワイトニングとして最も有名なのが、ホワイトニング専用の歯磨き粉を用いるという方法です。
ホワイトニング専用と言ってもたくさんの歯磨き粉がありその価格帯も幅広くあります。ただ歯磨きをするときに用いるだけが多く、その成分には研磨剤が含まれていることがほとんどです。そのため、磨きすぎたり強くこすりすぎると歯の表面のエナメル質が傷つくことが多いです。
そこで、コーティング効果のあるフッ素が配合されているホワイトニング専用の歯磨き粉を用いることがお勧めです。

ただし、フッ素が配合されている歯磨き粉でも磨いている時にフッ素を塗布するだけではその効果が十分に得られるとは言い難いです。そこで、歯磨きの後にフッ素を塗布するという方法が多くとられます。
中には手間がかかりますが一般的な歯磨き粉で磨いた後、ホワイトニング専用歯磨き粉で磨き、仕上げにフッ素を塗布するという工程が必要なものもあります。手軽にホワイトニングをしたい時にはまずは自宅でのホワイトニングをしてその効果を見るのがオススメです。

ホワイトニングの必要性

毎日どれだけ丁寧に歯磨きをしていても、白く美しい歯を維持するのは大変です。コーヒーやお茶の茶渋がついてしまうこともあり、なかなか毎日の歯磨きだけでは白い歯を維持することが難しいのです。

しかし、白い歯というのはとても魅力的です。歯が白いだけで表情が明るくなりますし、笑顔にも清潔感が出ます。それに対して、歯が黄ばんでいるとどうしても不潔な印象を与えてしまいますし、自分自身も歯が黄色いことがコンプレックスとなり人前で歯を見せることが嫌になってくるものです。
そうすると人とうまく会話ができなかったり笑えなかったりすることでコミュニケーションがうまく取れなくなってしまったり、外に出ることが嫌になってしまったりするものです。

そこで、歯の白さを取り戻すために行うのがホワイトニングです。ホワイトニングにも様々な方法があり、自宅で行うものもあれば病院でしてもらう方法もあります。手に入れたい歯の白さや黄色くなる原因によって、受けるべき処置が異なるので歯科医に相談することがお勧めです。
しかし、医師に相談する前に、本当に効果のあるものなのか、費用はどのくらいかかるものなのか、そして痛みはあるのかといったことは不安になるものです。

そこで、ここではホワイトニングの種類とその費用、施術の際の注意点といったことについて紹介をしていきます。人前で歯を見せることに抵抗のある人は是非これを参考にして白くて美しい歯を手に入れましょう。